資産運用の秘訣

初心者のための資産運用情報サイト

資産運用と資産形成の違い

資産運用と資産形成の違い 資産形成と資産運用は一見言葉が似ているので、混同してしまう人が多いようです。
しかしのこの二つの言葉はまるっきり意味が違うのをご存知でしょうか。
ではその違い説明いたします。
まずは資産形成から説明します。
それは株式投資や不動産投資をやって、その収益から財産を増やしていき、それを積み重ねることを意味します。
一方で資産運用とは、株式や不動産を活用して、自分の財産を減らさないように努力することを言います。
資産運用の場合であれば、投資をするにしてもあまりリスクをとる必要はないです。
投資信託などのローリスクなものに投資したりして、うまく運用してゆけばよいのではないでしょうか。
このように二つの言葉はよく似ていますが意味は違うのです。
ですから大切なことは、もしもこれから投資などを始める場合には、どちらの目的で投資を始めるのかを、最初に肝に銘じで置くことが大切です。
この二つの違いをきちんと頭に入れておきましょう。

初心者の段階で資産運用を行う場合のポイント

初心者の段階で資産運用を行う場合のポイント これまでに預貯金のみで資産運用を行ってきた初心者が投資をする場合には、慎重な姿勢でポートフォリオを構築する必要があります。
特にビギナーの段階では株式の購入で大損するリスクも大きいので、バランス型の投資信託からスタートするのが望ましいです。
バランス型のファンドには株式や債券などが組み込まれているので、個別銘柄よりも安定性が高いです。
またバランス型のファンドは積み立て購入も可能であり、時期を分散させることでリスクを低くする効果も期待できます。
確かにすべてのお金で株式を購入するよりも利回りは下がりますが、長期的には預貯金よりも大きな収益が得られる可能性が高いです。
銀行や証券会社でも資産運用に関する相談を受け付けており、一人一人のニーズに合ったアドバイスも受けられます。
マネー雑誌でも資産運用の特集記事を組んでいるので、購読すると商品選びのノウハウが学べます。
信託報酬が割安なファンドを選んだり非課税制度を利用すると、将来的な運用利回りは更に向上します。